旅行にはポータブル浄水器
旅行にはポータブル浄水器

「旅行(海外)・外出先でガイアの水135を利用したいのですが、ポット型とポータブルタイプ(水筒)と、どちらが使いやすいですか?」

「一回に作れる浄水の容量はどれくらいですか?
小さい方(ポータブルタイプ)が良いかと思いますが、旅行先で使うには大きい方(ポット)が便利かな?と思ったり迷ってます。」

この様なお問い合わせを頂きました。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます。
 
 
旅行の内容・使用する場面にもよりますが、外出先での浄水器は、ポータブル浄水器「ガイアライトボトル」が便利で使いやすいですよ。

ポータブル浄水器とポット型浄水器_ガイアの水135

ポータブル浄水器とポット型浄水器_ガイアの水135

 
 

外出先で利用するならポータブル浄水器「ガイアライトボトル」

旅行に持って行き”移動中の飲み水に使用したい”ということであれば、ポータブル浄水器(ガイアライトボトル)一択になります。

ポットの場合、水を入れた状態でお部屋の移動程度でしたら問題ありません。
しかし水を入れたままカバンに入れて移動という事は難しいですね。
(こぼれてしまいます。)

サイズもコンパクトであっても携帯用では無いので、カバンに収めて持ち歩き・・・とはいかないでしょう。
また強い衝撃で破損するといった心配もあります。
 
 
一方ポータブル浄水器「ガイアライトボトル」は、水筒としての仕様となっています。

水を入れたままのアクティブな移動も問題ありません。
コンパクトサイズでカバンにも収まります。
ある程度の衝撃にも強い設計になっているので、安心です。

外出・旅行時には、ガイアライトボトルをお供にしてあげてください。
 
 

ホテル滞在型の旅行ではポットが良い場合も

旅行の楽しみ方もいろいろありますよね。
「ガイアの水はホテルなど宿泊先で利用したい」とお考えでしたら、ポット型の方が使いやすいかもしれません。

ポット型はポータブルタイプ(ガイアライトボトル)よりも1回の浄水量は多いです。

使い方も、給水して頬って置くだけで浄水ができるという手軽さ。
水筒型はコップに注ぐ際、”ボトル本体を押す”というひと手間が必要になります。

バックの容量に余裕があり、ホテル(宿泊先)でのみ使うという場合は、ポット型でも大丈夫です。

本体サイズ・1回の浄水量比較
ガイアライトボトル
(プッシュ型浄水ボトル/水筒)
ポット型浄水器
本体サイズ幅83mm×高さ252mm×奥行78mm
※500mLペットボトルより1回り大きいサイズ
幅174.5mm×高さ246mm×奥行85mm
※卓上に置いて使うタイプ
1回の浄水容量約500mL約1リットル
 
 

まとめ

ポット型とポータブルタイプは、浄水品質に違いはありません。
どちらもJIS規格で定められている浄水項目全13項目、全ての基準をクリアしています。
また、どちらも水の味・美味しさにこだわったアイテムであり、外出先・旅行先で安心して美味しくお水を飲んで頂けます。

旅行・外出先でどう過ごすか・どういった場面でガイアの水を使いたいか?
ご利用方法に合わせて、お選びくださいね。
 
 

お問い合わせ・ご質問

お問い合わせ・ご質問お待ちしております。
ガイアの水135について、製品について、気になったこと、なんでも構いません。
お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせ・ご連絡くださいね。

>>お問い合わせフォーム<<

おすすめの記事